メニエール病の治療で重要なポイント|自分の力で治療を図る

看護師

あらゆる症状が完治する

医者

身体を痛めている方は、行徳の整骨院に行ってみると良いでしょう。根本的な原因を突き止めて痛みを解消してくれます。一度だけでなく何度も通院することで、症状を緩和出来ます。

詳しく読む

脳の病気を早めに治す

マスクをした女性

くも膜下出血や脳出血の引き金となる脳動静脈奇形は、早期発見が要です。初期段階で見つけると手術で治すことが可能です。一歩遅れると命まで落としてしまう危険性がある疾患ということを知っておきましょう。

詳しく読む

症状と発症するタイミング

女の人

メニエール病は回転性の強いめまい、そして難聴を発症すると厄介な病気です。メニエール病の原因は、実のところいまだに分かっていません。ストレスによるものとも、内リンパ水腫に関するものとも言われています。ストレスによる影響はほぼ確実に絡んでいるとされており、不規則な生活や仕事や趣味における人間関係などによってストレスが蓄積されていくと発症しやすいと考えられています。メニエール病を一度発症すると、めまいや難聴以外にも、頭痛や吐き気、平衡感覚の乱れなどが生じます。症状が見られる時間はまちまちで、10分~30分の場合もあれば、1時間以上続くケースもあります。症状が現れるタイミングは起床時や就寝時であることがほとんどですが、日中、急に現れることもあります。これがメニエール病の怖いところでもあります。数日間~数週間、人によっては1ヶ月以上続くこともあるので、症状が見られたらすぐ病院に行くようにしましょう。治療法と呼べる治療法はいまだに確立されていませんが、病院にいってめまいや耳鳴りを抑える薬は処方してもらえます。まずは一度、診療に行きましょう。

メニエール病の症状は、日常生活の中で急に現れます。ただ、「こういう時にメニエール病が発症しやすい」とされているタイミング、時期があります。まず考えられやすいのは、残業や睡眠不足が続いたときです。なぜならメニエール病はストレスの蓄積に大いに関係していると考えられているからです。仕事中は時折休憩を挟み、睡眠もなるべく十分な時間取るようにしましょう。また、風邪をひいたときや季節の変わり目などもメニエール病を発症しやすいとされています。用心しておくに越したことは無いので、これらの状況をなるべく回避するよう努めましょう。

メニエール病は、現在のところ治療薬が開発されていません。そのため、完治に近付くための配慮や努力が必要となってきます。最も重要なことは、ストレスを溜めすぎないことです。そして、こまめに心身のリラックスを図ること。これらを意識して実行するだけでも、予防や治療に大きな効果が現れます。「メニエール病の症状かな」と思える症状が見られたら、すぐに医師に相談に行きましょう。

移転するがん

病院

悪性リンパ腫になると全身に転移するリスクが高いため、初期症状の段階で気づくことが肝心です。適切な検査と治療を受けることで治癒確率は半数にもなります。自分も発症するリスクがあるということを覚えておきましょう。

詳しく読む