メニエール病の治療で重要なポイント|自分の力で治療を図る

女医

移転するがん

病院

「がん」と一言で言っても、肺がんや子宮がん、すい臓がんなど様々な種類があります。複数ある中でも悪性リンパ腫は非常に恐ろしいがんです。リンパ腺と言ってリンパ球が蓄積するところにがんが発症するのです。リンパの流れに乗って全身に転移する可能性が高いのです。悪性リンパ腫は血液のがんとも言われており、日本では10万人中約10人の方が悪性リンパ腫を発症しています。少ない方ですが、もしかすると自分も発症してしまうかもしれないと言うことを頭の中に入れておくことで、注意することが出来ます。

悪性リンパ腫を発症すると首や脇、足の付け根などのリンパ節が腫れます。他にも発熱や倦怠感、寝汗やかゆみ、体重の減少と言った様々な症状が表れます。このような症状は時々起こることがありますが、あまりにも長く続く場合やいつもと違うと違和感があった場合は、医療機関での受診が妥当です。
リンパ節生検と言ってリンパ節を採取する検査を行なうことで、悪性リンパ腫を見つけられます。リンパ節にがん細胞がると悪性リンパ腫に可能性が高いでしょう。もしも、悪性リンパ腫が見つかった場合は他に移転していないか、胸部X線検査やCT検査、MRI検査などを行ないます。

悪性リンパ腫の治療は手術では不可能です。その理由はリンパは全身にあるからです。化学療法や放射線治療が主流となるでしょう。抗がん剤を利用すると50%以上は治せると言われています。しかし、抗がん剤には副作用があるため、本当にこの治療法で良いのか今一度考え直す必要があります。最良の方法を選択することが求められるでしょう。