メニエール病の治療で重要なポイント|自分の力で治療を図る

女医

脳の病気を早めに治す

マスクをした女性

脳の血管は繊細で破裂すると死に至る場合もあるのです。そうならないためにも、早期発見が鍵となってくるでしょう。脳の代表的な疾患と言えばくも膜下出血ですが、このくも膜下出血は脳動静脈奇形と言う疾患により引き起こされる場合があります。脳動静脈奇形は先天性の疾患で生まれつき持っている方が殆どです。
動脈は毛細血管で枝分かれをしており、そこから酸素や栄養を運んでいます。その大事な役割をしている動脈が枝分かれせずに静脈と繋がっている状態を脳動静脈奇形と言います。脳動静脈奇形になった状態で血液や酸素が流れると動脈の圧力が静脈にもかかってしまうのです。そして、その圧力で血管が破裂して血液が脳内に流れ出します。

破裂は弱い血管の部分で起こります。くも膜下出血や脳出血の原因となり、一足遅いと危険な状態になるのです。くも膜下出血の症状は頭痛や嘔吐、意識障害などですので、そのような症状が長時間続く場合は一度、医療機関を受診してみた方が良いでしょう。脳動静脈奇形からくも膜下出血や脳出血へと進行している可能性があります。
脳動静脈奇形の検査やCTやMRI、血管造影で行ないます。実際に出血をしていない状態でも撮影をすると、脳動静脈奇形が分かるのです。初期段階で見つけることが出来ると開頭手術やカテーテル手術、放射線などを利用して治療を行なっていきます。症状に合わせて治療法は異なりますので、医師としっかりと話し合いをした方が良いでしょう。日本には脳動静脈奇形の手術を得意とする医師がいます。